吃音など精神の病は心療内科を利用して治療をする

ストレス社会

白い薬

診療内科の必要性と今後

現代人はありゅる場面でストレスを感じることが甥と言われています。 人間関係のもつれや、仕事での緊張感、経済的な不安などにより心のバランスを崩してしまうことが後を絶ちません。 また、大きな災害や事件、事故などの後遺症で心にダメージを受けてしまう人も少なくありません。 そのようなことで眠れなくなったり、食欲がなくなったりと生活に支障をきたしてしまう場合には、診療内科への受診をお勧めします。 心療内科と聞くと抵抗のある人もいるかと思いますが、今や多くの人が必要として受診している一般的な診療科です。 90年代と比べると、心療内科の数も患者数も共に増加傾向にあります。 今後についても益々増加していくことが予想され、より良い医療の提供が求められていると思います。

診察とカウンセリングの違い

心療内科を受診すると他の診療科と同じように問診から始まり、診察や治療へと進みます。 これら全て医師により行われる医療行為にあたります。 医療行為のため健康保険が適用されます。 医療費は初診時におおよそ3,000円前後、再診の場合にはおおよそ1,500円くあいになると思います。 薬が処方される場合などは別途お金が必要になります。 しかし、心療内科では診察などのほかにカウンセリングを受けることがあります。 心療内科でのカウンセリングは診察とは別で臨床心理士により行われます。 臨床心理士は医師ではないので医療行為にはあたりません。 よって健康保険が適用されません。 費用は30分のカウンセリングで6,000円くらいとやや高額になります。 診察とカウンセリングの違いを理解して受診するようにしてください。